↑クリック↑

和紙と人間の輪廻

 「和紙」は神様からの預かりものだと感じるようになってきました。
和紙は「漉く」(すく)と言う言葉だけでは表現できない、何か技術以上の別の力に導かれて作らされているような気持ちになります。新しい生命を「生まされている」と言ったほうが良いのかもしれません。
 漉き槽に向かって一心に和紙を漉いていると、そのリズミカルな「漉き波」の波動は、和紙が漉きあがる瞬間に「生命」を感じます。


 漉きあがった和紙の肌触りは幼い頃に感じた母の温もりを思い出させ、和紙の幻想的な灯りは昔、幼い頃に数回行った田舎の祖母の家を思い起こさせる郷愁を感じさせてくれます。

 和紙は神様と先代からの預かりものと思います。私はそれをより進化させて、現代にも適応する和紙の良さを引き出すことを多くの人と共有できればと願っています。