和紙づくりのこだわり

●原料の楮の木の植栽●
●木灰で楮の樹皮を煮る原料づくり●
●和紙すき、加工、染色●
●ユニークな創形●
●全て「自然」がテーマです!●


昔、植えられた楮の木(こうぞのき)の活用

楮の木  藩政時代、島津忠良(日新公)が藩の武士の生活基盤のために和紙づくりを始めたとされ、太平洋戦争前後まで「伊作和紙」として盛んに和紙づくりが行われていました。
現在では受け継ぐ人もなく消滅してしまいましたが、その時代に植えられていた和紙の原料である楮の木は、現在でも日置市のあちこちに自然に戻り、野生化して自生しつづけています。

 やせこけて暗い雑林の中でモヤシのようになったもの、
巨木になって枝を採取するのもやっかいになったもの、
使われなくなった畑いっぱいに広がり、
群生してこすれあってキズだらけのもの、
楮畑で管理して新芽だけを育てたものなどいろいろです。

 これらの楮の木を、この自然のままの状態で育成して、和紙の原料として活用しています。


和紙の原料づくりのこだわり

(写真1)
(写真2)
(写真3)

和紙アトリエでは楮の木の皮を煮るとき昔の木灰を活用しています。
一般的に行われているソーダ灰や苛性ソーダは使いません。

まず良質な木材から釜で木灰を作り(写真1)
その木灰からアルカリ液を抽出(写真2)
そのアルカリ液で楮の木の皮を煮ます(写真3)。

そのため和紙アトリエの和紙は何十年何百年経っても変色しません。


煮込みと打解の方法や時間を少しずつ変えて作った
何種類もの楮の木の素材を生かした原料は、
種類別に作り置きして、
和紙すきにそなえて貯蔵しておきます。

和紙すき

 貯蔵している何種類もの紙料(原料)から和紙のデザインと加工方法を決め、自然のままの楮の木の素材を生かし「一枚ものの和紙」を作ります。

 流しすきをベースに、昔ながらの紙すきの技法や新しい和紙アートの技法、独自に考え出した方法など、あらゆる和紙すきの加工技法を駆使して和紙に息吹を与えます。
サイズは56×97cmから150×270cmまで。


和紙染色と自然素材

 作品により染色をほどこす場合は自然素材(柿・クリ・クルミ・よもぎ・茜・うこん・藍)等の煮込み方法を変化させて作った染料を吹き染め、浸し染め、引き染め、漉き染めで手染めを行います。



特に柿渋は塗り重ねや月日の経過により、
色合いが微妙に変化しておもむきのある染色ができます。
いろんなデザインで何枚も染色し、乾燥をさせながらストックしています。