伊作和紙を復興する会

 日吉工房のある日置市は、江戸時代、島津忠良(日新公)が藩の武士の生活基盤のために和紙作りを始めた地とされ、太平洋戦争前後まで伊作和紙として盛んに和紙づくりが行われていましたが、現在では受け継ぐ人もなく消滅してしまいました。
 しかしその時代に植えられていた和紙の原料である楮の木は、現在でも日置の各地に少しではありますが自生しつづけています。
 私たちはこの楮を地域の「伝統的素材」と考え、新しい伊作和紙を再生させたり、伊作和紙の歴史を調べたりする活動をしています。


<活動内容>
  • 伊作和紙の歴史の調査および歴史に基づいての再生活動
  • 日置地区の自然の楮の木の植生分布の調査
  • 同地区の楮を利用した現代にマッチした和紙の創作活動
  • 和紙と人の「調和」を広げるイベントや創作会、展示会の開催


イベントのチラシ



楮の管理作業







テレビで活動が紹介されました














新聞で活動が紹介されました



牧田甚四郎の墓

伊作紙漉きの技術改良に貢献した牧田甚四郎の墓


楮蔵跡